おすすめピックアップ記事
スペースインベーダー展

世の親御さんの中にはゲームを目くじら立てて毛嫌いする方もいるようですが、ゲームも漫画も内容次第であって、すべて否定するべきものではないと思います、特に最近のインテリジェンスと言われる若い方々にはゲーマーと言われるヘビーユーザーも含まれていて、ニーチェも読むがドラクエもするといった二面性を持った若者がいます、私達プログラマーの間ではゲームプログラマーには一目置いていましたが、一般の方にはその意味がよくわからないと思います、だいたいゲームソフトは一作目の出来栄えは良いのだが続編は面白くなくなります、それはプログラマーも人間で一作目は制作するのが面白くて日夜を徹して作るのですが、お金儲けのための二作目になるとどうしても二の足を踏むことになるからです、そのくらいゲームソフトの制作作業は過酷でハードなものだったのです、パソコンの横に置いたベットで寝泊まりしながら書いたプログラマーがたくさんいました。しかも報酬は少なかった、エニックスなどはゲームプログラムコンテストの賞金一位でさえ100万円だったことを想うと何億円もかけて制作する現在からすると夢のようです。先日六本木ヒルズのインベーダーゲームのイベントに行ってきました、オリジナルのタイトー版やアレンジ版などがあり、若い方にも人気があって盛況でした、(インベーダーカレー美味しかった)、今度、部活で子どもたちにインベーダーゲームを作らせようと密かに思っているところです。

メルマガ
メルマガ購読・解除
おすすめの記事