人気記事
ゲーム未成年者課金トラブルの問題

身近に未成年者による高額課金の問題があったのでお知らせします

コロナで自宅にいる時間も多いのでゲームをする時間も増えました

特に子供のゲーム課金の管理トラブルが増えています

実例では就学前の子供がLINEゲームで15万円、任天堂どうぶつの森で2万円合計20万ぐらいの課金です

当然、保護者の責任ですし決済も保護者のクレカになります

今回の例は短期で2週間以内のことでしたので、すぐに対処しました

始めにTEL188消費者センターに連絡して支持を仰ぎます

担当の窓口に相談依頼します、消費者センターはあくまで斡旋ですので

対処の実行は自分でしなくてはなりません

デベロッパーの電話番号やメルアドなどは、教えてもらえませんので

自分で調べることになります

LINEゲームはログイン画面内の連絡SNSを使います

任天堂はac-pocketcamp-support@nintendo.co.jpのサポート窓口にそれぞれ連絡を取ります

課金明細を列記してまとめます

あと保護者の身分証明と未成年者のの戸籍謄本を用意します

◆ご提出書類
1)取引取消申請書(取消しにあたり必要な情報をご記入いただく書類)
2)戸籍謄本または戸籍抄本(原本のみ/コピー不可/発行から3か月以内)
(親権者と子の関係が分かるもの)※住民票は不可となります
3)お使いのクレジットカード会社、またはキャリア決済元が発行の「利用明細書」(利用内訳の記載のある書類)など指示に従って郵送します

コロナの影響でTEL相談が難しいので原則メールや指示に即した連絡になります

今回はどちらも大手のデベロッパーでしたので対応は良心的でした

おきらめないで根気強く交渉すれば解決できます

意図しない購入を防ぐためにも、パスワードの設定

 

メルマガ
メルマガ購読・解除
おすすめの記事