これは東京の話ですが生徒ひとり一人にパソコンを配付しました

ネットはモバイル用のUSBスティックタイプです

OSはGoogleOSでChromebookです

Chromebookは廉価で高性能なのですが

メンテナンスやサポートが難しいのが欠点です

windowsで使い慣れたメンテナンス用のインターフェースが違います

またwindowsほどサポーターの数もいません

今後どうやって現場の管理をしていくのか疑問です

子供達が勝手に使い出したら収集がつきません

かと言ってプロテクトを強化すれば使いにくくなるだけです

このバランスをどうやるのかが問題です

個人的にはGoogleOSは好きですが、公共的に配付するには

反対です、まだ下地が出来ていないのに使おうとするのは無理があります

パソコン環境はwebに依存しすべてのアプリケーションやサービスは

ブラウザー(Google Chrome)で事足りると言いますが まだまだそのレベルに達するには

時間がかかります、特に日本語対応には時間が必要です

もし予算の件だけで安いからGoogleOSを選択したのなら大間違いです

結局堂々巡りしてやっぱりwindowsにしようって事になりかねません

過去にはLINUXで嫌というほど苦汁をなめさせられました

OSを変更することの重大さを誰が選択したのか知りたい所です

何千億円もかかるこんな重要な事柄を文科省の一存で決めて良いのでしょうか?

しかも国民はだれもそのことを知らないのです

税金の無駄遣いを防ぐためにも、もっとオープンにして報道して欲しいと願っています

子供達には責任はありませんので大人達がしっかり判断する義務があると思います

 

 

メルマガ
メルマガ購読・解除
おすすめの記事